うつ病の予防はストレスの根源を断つこと|晴れやかな気持ち

うつ病は治る!心の病気をしっかり治す

ストレスの種類

メンズ

現代社会に於いて、とても問題視されている病気がうつ病です。病気になっても自覚することが難しく、完治することも難しい病気の一つです。この病気の原因は主にストレスと言われています。現代社会ではストレスが生じることが多く、病気になるリスクも高まってきているのです。その為、誰にでもこの病気に掛かる可能性があります。その為、病気の予防をするにはまず、ストレスについて勉強しなければなりません。まず、ストレスは大きく分けて4つに分かれます。まず、社会的ストレスですが、一般的に人間関係から生じるストレスです。学校や職場などでの人間関係や勉強や仕事に対する重圧、周囲からの過剰な期待などが主な原因でしょう。社会的ストレスを感じやすい方は、完璧主義者や真面目で几帳面、責任感の強い方です。このような方は、ストレスを自分一人で抱え込んでしまうので結果的にストレスを溜め込んでしまいます。また、「どうして自分だけが」と思い込む傾向があるので、主観的に物を見るのではなく客観的に物を見るようにしましょう。そうすることで、物事の捉え方が変わり、ストレスの感じ方も変わってきます。また、心理的ストレスとは、感情や心に由来するストレスです。挫折で落ち込んでしまったり、将来に対して不安を感じている方が感じやすいストレスと言われています。家族や恋人との死別、離婚など喪失体験でストレスを感じてしまうこともあるでしょう。この時、悲しみや怒りの感情を抑え込んでしまうと、大きなストレスになります。心理カウンセラーなどに相談したりすると気持ちが楽になるハズです。環境的ストレスは引っ越しや結婚、出産などで身の回りの環境が変化することで生じるストレスのことを言います。環境の変化についていけない事でストレスを感じるでしょう。転校などをきっかけにストレスを生じることもあります。子供の場合は素直に気持ちを表現することができないので、そのまま溜め込んでしまうことがあるのです。引っ越しや転校で子供の置かれた環境が変わってしまった場合は、気をつけるようにしましょう。身体的なストレスの場合は、がんや心筋梗塞などの病気などが原因のストレスです。病気そのものがストレスの原因になったり、治療の為に使用している薬物が原因になります。他に運動不足もストレスの原因になるので、ウォーキングなどの軽い運動をするなどストレスを溜めないように意識しましょう。このような原因でうつ病を発症します。病気を予防するには原因を知り、対策するのが最も効果的なのです。普段ストレスを感じている方はストレスの原因を突き止め、改善するようにしましょう。どうしても解決方法が分からない場合は、専門の医療機関などで相談するのが一番です。専門の医師がしっかりと対応を考えてくれるでしょう。このように日頃からストレスを溜めないように意識するだけでうつ病のリスクを減らすことができるようになります。まずは小さなことから始めてみましょう。ストレスの根源を断ちましょう。

病気の症状

女医

近年、精神疾患を患う方が増えてきており、その中でもうつ病を患う方は特に多いでしょう。この病気は症状を知ることで早期発見や予防ができるのです。それでは病気の症状を紹介していきます。

詳しく見る

治療についての知識

悩む女性

うつ病を患うと専門の医療機関で治療する必要があります。治療いくつかの段階に分かれており、長い時間が必要になるのです。万が一のときに備えて治療について知識を深めておきましょう。

詳しく見る

病気の種類

カウンセリング

うつ病には色々なタイプがあります。一見別の病気と間違ってしまうような症状が出ることが多いので注意するようにしましょう。病院にかかっているのに症状が良くならない場合は心療内科や精神科を受診することが大切です。

詳しく見る

再発予防など

複数の人

うつ病治療で大切と言える期間が、回復期と再発予防期です。希死念慮や再発予防に力を入れなければいけません。とくにこの病気は再発の可能性が高い病気ですので、予防には特に力を入れましょう。

詳しく見る