うつ病の予防はストレスの根源を断つこと|晴れやかな気持ち

婦人

病気の種類

カウンセリング

うつ病にはいくつかの種類があります。種類によっては症状が違ってくるので、どのような種類があるのか理解しておくと早い段階で病気に気付くことができるでしょう。まずは仮面うつ病の説明をしていきます。このタイプは、心の症状よりも身体の症状が先に現れるため、別の病気だと勘違いしてしまうことが多い種類です。体に現れている症状のみ治療しようとしても、症状が回復することはありません。病気の治療には原因を特定して、治療することが必要になるからです。原因を特定することができないままでは治療することが難しいので、中々症状が回復しない場合は心療内科や精神科を受診すると良いでしょう。仮面タイプの病気になった場合に出る症状を紹介します。口腔内の乾燥や違和感、頭痛、動悸や胸の不快感や圧迫感、手足のしびれや肩こりなどです。このような症状が現れているにも関わらず原因が特定できない場合は精神科や心療内科を受診しましょう。医師との相談やカウンセリングで初めて原因が発覚することがあるので、病院を受診して原因が発覚しないからといって諦める必要はないのです。退行期うつ病は主に60代とかの方に多いタイプと言われています。歳を取って、身体が衰えることで若い頃は当たり前にできていたことができなくなってくるでしょう。また、歳を取ると死を意識するようになったり自身の能力の低下を実感することが多くなります。このような自身の変化が、退行期タイプの原因とされているのです。初期状態では大きな変化はありませんが、病気が進行していくと仮面タイプに発展したりします。微小妄想にとらわれて、自身を過小評価し悪い方向に物事を考えることが多くなるのです。身体の症状は加齢によるものと勘違いされることが多くなるため、症状が悪化するケースが多くなります。希死念慮が強まる原因にもなるので注意しましょう。退行期タイプは仮面タイプと似ているので、身体の症状が回復しない場合は医師と相談して原因を探るようにするのが大切です。微笑みうつ病の場合、症状は軽度ですが発見が遅れやすいといった特徴があります。気配りができ、周囲の人間の様子を気にする方が発症するタイプと言われているのです。落ち込んだりして周囲の人間から心配されても、「大丈夫」と笑顔で答えます。笑顔を見せて、自分には何も問題ないことをアピールするのです。周囲の人間は大抵納得して、それ以上突っ込んでくることは少ないと言えます。その為病気の発見が遅れてしまうのです。この微笑みタイプの特徴としては、職場や学校など人と接している時はとても明るく振る舞います。しかし、1人になると意気消沈して落ち込み、表情も曇るでしょう。人前では無理をして明るく振る舞うので、必要以上に心が疲れてしまいます。1人でいると途端に元気がなくなる方が周りにいるのであれば、注意しておきましょう。この微笑みうつ病は周りの方がサポートしてあげることで病気の発見ができる場合があります。無理をして振る舞っているなと思ったら、専門の医療機関に受診するのを勧めてあげましょう。